ホイールを知らない

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > リフォームを行う時に失敗したと思わない為の重要なプランニング

リフォームを行う時に失敗したと思わない為の重要なプランニング

rifo-mu.jpg

リフォームと言っても種類や資格は沢山あります

一口にリフォームと言っても、その内容は幅広いものです。

それに応じて必要な資格も変わってきます。

建築業者ですので建築士の免許は当然ですが、他にも木造建築士や建築施工管理技師と言った国家資格も存在します。

どのような資格を持ってるのか、確認したほうが良いですね。

また国家資格意外に民間の資格もあり、インテリアコーディネーターやキッチンスペシャリスト、マンションリフォームマネージャーと言ったものがあります。

リフォームの打ち合わせはどこで行うべき?

リフォームの打ち合わせと言うと、自宅のリビングで行うことが多いでしょう。

施工する現場ですので当然なのですが、打ち合わせが一回で終らないのであれば、業者の会社でも行うことをお勧めします。

個人業者ならともかく、それなりの規模の会社であれば、さまざまなインテリアの見本も展示してあります。

それらを実際に見て、手で触ってイメージを持つほうが、より確実な打ち合わせの内容とすることが出来るでしょう。

会社に展示物があるのか担当者に聞いてみると良いですね。

まずはお金がいくら位かかるのかをしっかり把握しよう

リフォームを行う時に大事なのは、しっかり予算を確認した上で資金計画を立てる事。

例えば、下記は外壁リフォームのケースになりますが、具体的な金額相場が出ています。

参考情報 外壁塗装の一般的な相場

こういう情報を参考にした上で、外壁塗装は必要なのか?内装工事を削るのかなどを考えてプランニングすべきです。

なにもかもリフォーム会社の提案通りに進めていても、良い形にはなりません。

あなたの目的を明確にした上で、リフォームは進めて行って下さいね。